二枚刃の剣は、古代の短い武器に属し、四千年以上前の殷(いん)の時代に遡ります。「百兵の君」として知られ、西洋文化に見られるように、高貴さと権力を合わせた装飾品でもあります。

古代中国では、皇帝から文人まで剣を携えていました。素晴らしい剣を携えることが、社会的地位の象徴でもありました。

韓信の股くぐり