殿堂と聖なる寺院

古代の寺院は、人々のために数多くの基本的な役割を果たすように建築されています。人々は祖先を尊ぶ気持ちをこめて寺を奉り、崇拝の場として、天、地、神々に奉納しました。仏教や道教の僧院は、僧侶が祈祷し、経文を学び、生活する場所を収容する大型の建物であることが特徴です。

中国では王朝ごとに、独特の建築様式が見受けられます。唐の時代の建築士は、茅葺き屋根と直線のひさしを好みました。明朝、清朝になると、色彩豊かな彫り込みの模様がほどこされ、朱色と黄色が宮廷に使われるようになります。

宮廷の建物は通常、左右対称で、広々とした長方形の中庭を囲むように建物が造られています。壮麗で厳粛な「殿堂」を 庭園や 建物が囲います。

祈祷の場は、殿堂を複数備えた大規模な寺院、または内装も小さめで装飾もより簡素で控えめです。それぞれ、土地柄や習慣に従い、独特の特徴を備えます。

古代の狼煙台
忍を示した住職