天上の光景

ヨーロッパの画家が 大聖堂や宮殿のフレスコ画に天上の光景を描いたように、中国では古代人が洞窟や寺院の壁画に神々の光景を描いています。仏教の伝統では、まばゆい黄色を強調し、道教では紫を強調します。仏教、道教の神殿は、神々が居住する荘重な領域であり、全く異質な形象として豊かな姿が描かれています。

神韻のデジタル映像は、天上の壮麗な楽園を描写します。蓮の花に座りながら、 聖なる手印で意思を伝えている佛様は、金色に輝く世界の隅々にいる者たちに、慈悲深いぬくもり、安らぎ、喜び、畏怖の念を放ちます。

中国の南西部の景観
モンゴルの草原
チェルシー・ツァイ(蔡翹楚)のプロフィール