中国神話の登場人物:盤古

Pan Gu

 

昔々、天地ができる以前、宇宙には巨大な卵形の物体だけがありました。

この「卵」の中には陰と陽の相対する力が混沌としていました。年月を経るにつれ、様々な物質やエネルギーが相互に作用して、ついに盤古という、角のある毛むくじゃらの巨人が生まれました。

1万8千年にわたり盤古は眠り続け成長しました。ある日、目を覚ましましたが、目を開けても真っ暗でした。耳を澄ましても、シーンと静まり返っていました。盤古にとってこの周囲の環境は落ち着かないものでした。

とんでもない「卵」

盤古は魔法の斧を振りかざし、力一杯、「卵」にたたきつけました。卵は雷のように轟きながら二つに割れ、ゆっくりと陰と陽が分離され始めました。暗く重いものは下に落ち、地を形作りました。軽く明るいものは漂い、天を形作りました。

盤古は卵がまた閉じてしまうことを懸念して、二つを分け隔てるために割れ目の間に立ちました。毎日、毎日、天は10尺ずつ高くなり、地は10尺ずつ厚みを増しました。盤古もこの宇宙の拡張を続かせようと10尺ずつ成長していきました。

孤独な、精力を要する仕事でした。各領域が安定したと確信するまで、盤古はさらに657万日、つまり1万8千年、この労苦に耐えました。そして盤古は大きな音を立てて倒れ、亡くなりました。

究極の犠牲

疲れ切った盤古が倒れた時、奇跡が起こりました。盤古の最期の一息は風と雲となり、声は轟く雷となり、左目は太陽として燃え立ち、右目は月として輝きました。髪とヒゲは天の川の星となり、手足は山々となり、血管の流れは川となりました。肉は肥沃な土地となり、骨は貴石や鉱石になりました。歯と爪は光沢のある金属となり、皮膚のウブ毛は、青々とした緑へと成長しました。苦しみに耐え抜いて流した汗は、下界の雨となりました。

盤古の精神は今も人間の生命に息吹いているので、古代中国では、人類は全てのものの魂であると信じられていました。

盤古は創世のために自己の命を犠牲にし、その世界を豊かに美しくするために肉体を犠牲にしました。天体は星で輝き、地上には山や川があり、動物が棲息し、草木が茂ります。卵から生まれた巨人、盤古は、今はどこにもいないのですが、実はあらゆる場所に存在しているのです。

古代中国には、神々や仙人が共に居住し、神が伝える文化が生み出されました。このため、初期の中国史と神話は互いに絡み合っています。「中国神話の登場人物」のシリーズでは、神話や小説の登場人物をご紹介していきます。

中国神話の登場人物:月のウサギ
中国神話の登場人物:龍王
中国神話の登場人物:龍王
哪吒:中国神話で異彩を放つ少年神