柄の長い槍は、古代の戦場でよく使われました。武器として最も早期からあったもので、「百兵の王」としても知られています。神韻の演目『忠を尽くし国に報いる』の宋朝の将軍・岳飛は、 勇敢に槍を使いこなして兵を指揮し、国を守ります。

矛は 短い武器として区分され、槍より重く、 弾性もそれほどありません。矛の先は両刃や三叉の鋭い刃を備えます。

救国の英雄 岳飛
ムーラン従軍