記事を見る

“日本でもアメリカでもショーが派手になってきています。しかし神韻の舞台は「ああ、楽しかった」で終わらずに、心が清らかになるというイメージがありました。心の素朴さがすごく伝わってきて感動を受けました。見た目が派手でなく、女性が肌を露出することもなく、上品で心が洗われますね。”

嶋高宏氏, 総合デザイナー協会DAS理事長