イベント情報をもっと読む

神韻の音楽

神韻の音楽

を閉じて失われた中国文明の旋律に身を任せてください。さざ波のような琵琶の音色は、銀の月光のもとで仙女が舞う宮廷の晩餐へと誘います。そして突然の太鼓の音。果敢な英雄たちが光り輝く古代の戦場を呼び起こします。遠い昔の物語や旋律に息吹を与える演奏会です。

二胡琵琶などの 古典楽器が、クラシックの弦楽器、木管楽器、金管楽器とこれほどまでに心地よく融和する演奏会は他にありません。作曲から演奏に至るまでの神韻独自のアプローチが、生き生きとした音色、実に幅広い感情表現を可能にしています。音楽を通しての「語り」をご堪能ください。

「私たちの体験」:ご要望にお応えした一曲

神韻交響楽団は、ダンスで実績ある神韻芸術団から生まれました。音楽だけをコンサートとして堪能したいという方々のご要望にお応えしたものです。西洋のクラシックと東洋の伝統楽器の両分野の国際的な音楽家が拠点とする交響楽団で、受賞に輝く奏者も含まれています。2012年のカーネギー・ホールでのデビュー以来、世界で賞賛されています。

2019年の演目のハイライト
今年は特に幅広く、テンポの速い曲を揃えました。コンサート通もクラシック音楽に馴染みのない方も同様にお楽しみいただけます。神韻で賞賛されているオリジナル曲、受賞に輝く歌手の独唱、ドボルザーク、スッペ、チャイコフスキーによる不朽のクラシック音楽をお楽しみください。

神韻のオリジナル曲

魂を揺さぶるような二胡の独奏から、皇帝の威風ある行進曲、民族音楽の調べをテーマとする牧歌的な楽曲まで、実に幅広い曲目を取り揃えました

クラシックの名曲

  • チャイコフスキー: ワルツ・スケルツォ Op. 34

    チャイコフスキーの『ワルツ・スケルツォ』は、陽気で輝きのあるヴァイオリン作品の重要な一曲。

  • スメタナ: 道化師の踊り from 売られた花嫁 より

    スメタナの 売られた花嫁 は人気のあるチェコの代表的な国民オペラ作品。第三幕の道化師の踊り は、旅芸人の一座の到着を祝う、賑やかで活気あふれる一曲。

  • グノー: ロメオとジュリエット, 第四幕, 婚礼の行列

    シェークスピア原作の悲劇のロマンスを題材としたシャルル・グノーの著名なオペラ作品より。バレーの場面に続く荘厳で威風あるウェディング・マーチ。

  • 観客の声
    • 「この世のものではありませんでした!」
      —クリスティーヌ・ワレフスカ チェロの名奏者
    • 「圧倒されました。全身が震えました。愛情に包まれ、喜びに満たされた感じです。美しい。癒やされました」
      —エリサ・ブラウン 著名なソプラノ歌手
    • 「オーケストラは断然素晴らしい! 信じがたい技術を備えた卓越した奏者たちです」
      —カルロス・ロメオ バイオリン奏者&弦楽器製作者
    • 「中国の古典楽器とクラシックの楽器の完璧な融合…圧倒されました」
      —ボストン・ヘラルド紙
    • 「神韻がもっと頻繁に来ればいいのですが…」
      —ケリー・ストラットン トロント・コンサート・オーケストラ指揮者
    チケット購入