記事を見る

観客の声:

神韻のバックスクリーンの役割

神韻のバックスクリーンは魔法の窓のようです。舞台が無限に広がり変化していきます。デジタルのデザインは舞台のあらゆる面を補足・同期化しています。壮麗ながら超微細に行き届いている制作です。五千年の歴史にインスピレーションを得て、神韻のデザイナーたちは、生き生きとした動画を生み出しています。中国の地形、社会、宗教、王朝などを多角的に映し出します。観客の皆様に天上の感覚を味わっていただけるような、この世を超越した場面もあります。

ダンサーたちが舞台と背景の動画の中を行ったり来たりする、神韻のバックスクリーンと舞台との特殊なインタラクションは、実案特許を取得しています。とても現実的な描写なので、観客の方はご自分がどこにいるかも忘れて、別の時空へと誘(いざな)われるのです。

 

 

詳しくはこちら