アーティストの紹介 > ダンサー >

    陳 佳伶(チェン・ジャリン)

戻る

陳 佳伶(チェン・ジャリン)

プリンシパル・ダンサー

陳 佳伶(チェン・ジャリン)

プリンシパル・ダンサー

略歴

台湾生まれ。幼少時代から芸術、舞踊と音楽に興味を持つ。10歳から中国の竹笛と二胡を習う。2007年から米国飛天芸術学院で中国古典舞踊を専攻。2009年、米国新唐人テレビ主催の全世界中国古典舞踊大会のジュニア女子部門で銅賞を獲得。2010年、第4回同大会の青年女子部門で銅賞を獲得した。

 

神韻と私…

中国語名:陳 佳伶(チェン・ジャリン)
中国語名の意味
:「佳」はよいという意味で、「伶」は古代では歌や踊りをするアーティストを意味していました。叔母に命名してもらいました。
出身地:台湾、雲林県
好きな色:スカイブルーとホワイト
得意なダンスの技法:跳躍と空中回転
ツアーでお気に入りの都市:欧州では英国とスイス、アジアでは日本と韓国
ウォーミングアップの方法:ストレッチして、 いくつかの翻身の技法をしてから、跳躍を始めます
舞台で演じるお気に入りのキャラクター:林冲の妻。初めて演じた歴史上の人物で、どのように演じるか熟慮しました
お気に入りの演目:梅の花(2011年)
ツアーで一番挑んでいること:一つ一つの舞台に初めての舞台として上がること
お気に入りのドリンク:ほんのり甘みの入ったジャスミン・ティー
お気に入りのホット・ドリンク:蜂蜜入りのお湯
好きな映画のジャンル:歴史物、深い意味やメッセージのある映画ならなんでも
お気に入りの中国史上の人物:唐朝の長孫皇后。家臣を尊び、宮事を巧みに管理し、自分が産んでいない子供を育てました。また唐朝の太宗を助け、忠言し、彼が多くの責務を抱えられるよう支えました。
趣味:卓球と二胡(ほんのちょっとですが)
子供の頃なりたかったもの:大使または中医学の医者
夢の休暇先:神韻に参加する前は世界を旅したかったのですが、今は家族と一緒ならどの国でもいいです。
最も大切にしているもの:私の大好きな一冊の本
こうと決めたら変わらないか、気が変わりやすいタイプか:変わりやすいタイプ
一つだけ叶えたい願い:神韻に永遠に残り、任務を果たすこと

ニュースの内容

アーティスト
Following the lead taken by some media and other organizations, we are now also referring to the coronavirus as "the CCP virus," as it is the Chinese Communist Party's mismanagement and cover-up that has led to the global pandemic.