アーティストの紹介 > オーケストラの団員 > ウラジーミル・ツェムツォフ

戻る

ウラジーミル・ツェムツォフ

トランペット

ウラジーミル・ツェムツォフ

トランペット

略歴

出身地: ロシア・イルクーツク
神韻芸術団入団: 2017

熱のこもった力強い音調で欧州の金管楽器を率いた。モスクワその他の都市のオーケストラ団員を経た後、『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』などのクラシック、その他数多くの公演で演奏し、シベリア・ステート・バレエ団のプリンシパル・トランペット奏者も務めた。ロシアのクラスノヤルスク国立音楽演劇学院で学士修得(トランペット演奏専攻)。

アーティスト
中国共産党による不適切な管理と隠蔽が世界的なパンデミックを引き起こしたという理由から、他のメディアや機関が用いている呼称にならい、私どもも新型コロナウィルス感染症(COVID-19)を「中共ウイルス」「中共肺炎」と呼称します。