神韻芸術団 >

    芸術と精神性

より高い世界へ

アーティストはどこからインスピレーションを得るのでしょうか?
創造力の火花はどのように生まれるのでしょうか?

あらゆる年齢や職業にわたる、創造を渇望する無名の天才と出逢い、神韻は発展を続けて参りました。インスピレーションは蓄積された知識から来ると信じる者、また、古代の智慧は私たちに奥深く内在しており放たれる瞬間を待っていると言う者もいます。より純粋でより壮麗な創造の源となるものを探訪する必要があるのかもしれません。

天上から受ける
インスピレーション

歴史を振り返ると、 どの文化においても、人々はインスピレーションを天上に求めていたことが分かります。芸術とは創造した者とそれを体験する者に喜びをもたらし、精神的な境地を高めるものでした。この理念を基盤として、神韻の団員そして神韻芸術は発展を続けています。

ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂に入り、天井の「アダムの創造」を見上げると、神の指がアダムの手に届いている姿が描かれており、この芸術と精神性とのつながりを体感できます。

失われた伝統の復興——神韻

神韻のアーティストたち、 つまりダンサー、音楽家、振付師、作曲家、そして全てのチームが、この高貴な伝統を踏襲しています。精神性とのつながりこそが、自分を高めようとする動機であり、ダンサーの一つひとつの動き、音楽家の一つひとつの音の背後に、中核として存在しています。神韻には他とは違う何かがあると感じられる理由はここにあります。中国の伝統文化に根差したインスピレーションの源こそ、法輪大法として知られる精神修養なのです。